からを検索。
からを検索。
条件クリア リセット
現在の検索条件 :

レス内容のハッシュ値 = t1grgic5xjkctjY9HKbW0w

DB更新日時:2017-10-29 00:59:26 6件中 1 - 6件表示
水遁を受けたレス内容コマンド実行者コマンド実行時間
713 名無しさん@お腹いっぱい。 [] 2012/08/31(金) 23:10:18.02 ID:60t1nF2V0
「ひああああっ」
 銀時の腰に跨らされた状態で、乱暴に竿の半ばまでを挿入され、桂は髪を振り乱して悲鳴を上げた。痛みに震える体を抱きしめ、銀時は桂の尻を鷲?んで広げさせ、更に奥まで挿入した。そのまま、桂ごと揺さぶる。
「あっ、痛ッ・・・うぐっ」
 ズンズンと衝撃が腰から背骨を通って脳にまで響いているようで、深く貫かれるごとに桂は声をあげた。
 好き勝手に揺さぶられながら、狭い内部を銀時が遡ってくるのを感じ、何とも云い難い震えに襲われる。
「あ、だいぶよくなってきた。お前の中、きゅうきゅう搾ってきてきもちいい・・」
 銀時は桂を突き上げながら、揺れる髪を掻き分け肩口に顔を埋めた。
 汗とほのかな香のような香りがする。
桂に香を焚き染めるような趣味はなかったから、これは桂の匂いなんだろうか。
「いい匂い・・・」
 肩口から項まで舐め上げると、桂の肩がびくっと震えた。
「そろそろ本格的に動くぞ」
「ちょ、待て貴様ッ!・・・アアッ」
 桂の返答はもとより聞く気などない銀時は、桂の尻を掴んだまま桂の内部を性器で探り始めた。
向かい合って密着した状態で揺さぶられているせいで、桂の性器も銀時の腹に擦られて
またゆるく立ち上がり始めている。
痛みに慣れてきた体は、内臓を擦られる刺激を次第に快楽と捕らえてきていた。
入り口に近い腹側の粘膜を擦られると、銀時の腰をまたいで伸ばされた白い脚ががくがくと暴れる。
銀時の下生えが穴の淵にふれるほど根元まで押し込められて、桂は途切れ途切れに喘ぎを漏らす。
「あっ・・・・だめだ、こんなッ」
 銀時と、とても人に言えないような場所で交わっているという事実。
それは不思議なことに不快ではなかった。
そのことがより桂に羞恥を覚えさせる。
 体の力が抜け、この行為に次第に快感を感じだした桂を、銀時は更に結合部からいやらしい液が
飛び散るほど乱暴に貫き始めた。
「はあうっ、んうっ、アッ・・・はっ」
「ヅラ、中で出すから」
「はッ、ば、馬鹿やめろ!」
 縛られた腕で銀時の首を輪で通すようにしてしがみついていた桂が、不穏な言葉に目を向く。
銀時は白い首筋に噛み付くように口付けると、腰を限界まで突き上げた。
銀時よりはるかに軽い体は、おもちゃのように揺さぶられて銀時を最奥まで受け入れた。
「あひっ・・・・くッ、あああああっ!」
 瀕死の鳥のようにびくびくとのけぞりながら、桂が達する。
銀時を根元までくわえ込んだ秘所が痙攣し、絞り上げるように締め付けた。
「ヅラ、お前、すげ・・・ッ」
 銀時も胴振るいし、言葉どおり桂の中に放つ。
体の中いっぱいに熱いものを注がれる感触に桂は息を詰めて耐えた。
いつも体温も低く殆ど汗をかかない桂の体は、情交のせいでしっとりと汗ばみ、青白い肌は薄く色づいている。
荒い息を吐きながら、銀時は汗を舐めとるように桂の首を舐め上げた。
絶頂の間際に噛んだ首筋は歯型がついて薄く血が滲んでいる。肉食獣の捕食を思い出し、銀時は薄く笑った。
(ま、食っちゃったし)
 その血も舐め、銀時は呼吸の収まらない桂に深く口付けた。
苦しいのだろう、首をねじって逃げようとするのを押さえつけ、舌を吸い上げる。
桂の唾液はなぜか甘い気がした。
「・・・はっ、ぎんとき、もうはなれろっ」
 抗議の声で見下ろせば、まだ二人は交わったままだった。
絶頂を迎えたあとの秘部に、未だ固いままの銀時が嵌っているのが苦しいのだろう。
「へーへー」
「・・・アッ」
素直に聞いたふりをして、桂の中から一気に引き抜く。
排泄感に桂はまた小さく喘ぎを漏らした。
その力が抜けて閉じられない足の狭間から、銀時が吐き出したものがとろりと腿を伝う。
広げられていたせいで、急には閉じられない穴が、桂が息をつくたびに銀時の残滓をこぼした。
あまりに卑猥な光景を見やり、銀時はたちの悪い笑みを浮かべる。
「でも銀さんまだまだ元気だし、せっかくだから最後まで面倒みてくんない?」
3513byte 56lines6回 埋立 コピペ

◆/Wi/dV46sezK-豪山♪
sato/1346165908/544
Danime21346422219399457(Lv1)
を破門した。
さらに●の書込機能を一時停止させた。
2012-08-31 23:41:21
269 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage ] 2012/07/07(土) 15:43:02.41 ID:BX/asZ0R0
「ひああああっ」
 銀時の腰に跨らされた状態で、乱暴に竿の半ばまでを挿入され、桂は髪を振り乱して悲鳴を上げた。痛みに震える体を抱きしめ、銀時は桂の尻を鷲?んで広げさせ、更に奥まで挿入した。そのまま、桂ごと揺さぶる。
「あっ、痛ッ・・・うぐっ」
 ズンズンと衝撃が腰から背骨を通って脳にまで響いているようで、深く貫かれるごとに桂は声をあげた。
 好き勝手に揺さぶられながら、狭い内部を銀時が遡ってくるのを感じ、何とも云い難い震えに襲われる。
「あ、だいぶよくなってきた。お前の中、きゅうきゅう搾ってきてきもちいい・・」
 銀時は桂を突き上げながら、揺れる髪を掻き分け肩口に顔を埋めた。
 汗とほのかな香のような香りがする。
桂に香を焚き染めるような趣味はなかったから、これは桂の匂いなんだろうか。
「いい匂い・・・」
 肩口から項まで舐め上げると、桂の肩がびくっと震えた。
「そろそろ本格的に動くぞ」
「ちょ、待て貴様ッ!・・・アアッ」
 桂の返答はもとより聞く気などない銀時は、桂の尻を掴んだまま桂の内部を性器で探り始めた。
向かい合って密着した状態で揺さぶられているせいで、桂の性器も銀時の腹に擦られて
またゆるく立ち上がり始めている。
痛みに慣れてきた体は、内臓を擦られる刺激を次第に快楽と捕らえてきていた。
入り口に近い腹側の粘膜を擦られると、銀時の腰をまたいで伸ばされた白い脚ががくがくと暴れる。
銀時の下生えが穴の淵にふれるほど根元まで押し込められて、桂は途切れ途切れに喘ぎを漏らす。
「あっ・・・・だめだ、こんなッ」
 銀時と、とても人に言えないような場所で交わっているという事実。
それは不思議なことに不快ではなかった。
そのことがより桂に羞恥を覚えさせる。
 体の力が抜け、この行為に次第に快感を感じだした桂を、銀時は更に結合部からいやらしい液が
飛び散るほど乱暴に貫き始めた。
「はあうっ、んうっ、アッ・・・はっ」
「ヅラ、中で出すから」
「はッ、ば、馬鹿やめろ!」
 縛られた腕で銀時の首を輪で通すようにしてしがみついていた桂が、不穏な言葉に目を向く。
銀時は白い首筋に噛み付くように口付けると、腰を限界まで突き上げた。
銀時よりはるかに軽い体は、おもちゃのように揺さぶられて銀時を最奥まで受け入れた。
「あひっ・・・・くッ、あああああっ!」
 瀕死の鳥のようにびくびくとのけぞりながら、桂が達する。
銀時を根元までくわえ込んだ秘所が痙攣し、絞り上げるように締め付けた。
「ヅラ、お前、すげ・・・ッ」
 銀時も胴振るいし、言葉どおり桂の中に放つ。
体の中いっぱいに熱いものを注がれる感触に桂は息を詰めて耐えた。
いつも体温も低く殆ど汗をかかない桂の体は、情交のせいでしっとりと汗ばみ、青白い肌は薄く色づいている。
荒い息を吐きながら、銀時は汗を舐めとるように桂の首を舐め上げた。
絶頂の間際に噛んだ首筋は歯型がついて薄く血が滲んでいる。肉食獣の捕食を思い出し、銀時は薄く笑った。
(ま、食っちゃったし)
 その血も舐め、銀時は呼吸の収まらない桂に深く口付けた。
苦しいのだろう、首をねじって逃げようとするのを押さえつけ、舌を吸い上げる。
桂の唾液はなぜか甘い気がした。
「・・・はっ、ぎんとき、もうはなれろっ」
 抗議の声で見下ろせば、まだ二人は交わったままだった。
絶頂を迎えたあとの秘部に、未だ固いままの銀時が嵌っているのが苦しいのだろう。
「へーへー」
「・・・アッ」
素直に聞いたふりをして、桂の中から一気に引き抜く。
排泄感に桂はまた小さく喘ぎを漏らした。
その力が抜けて閉じられない足の狭間から、銀時が吐き出したものがとろりと腿を伝う。
広げられていたせいで、急には閉じられない穴が、桂が息をつくたびに銀時の残滓をこぼした。
あまりに卑猥な光景を見やり、銀時はたちの悪い笑みを浮かべる。
「でも銀さんまだまだ元気だし、せっかくだから最後まで面倒みてくんない?」
3513byte 56lines6回 埋立 コピペ

sato/1340841507/533
Dwcomic1341643383786454(Lv1)
を破門した。
さらに●の書込機能を一時停止させた。
推定●n1Yn0Hve7KijAf6O →焼 2012-07-09 23:00:00
弟子と推定される忍者ID
Dwcomic1341643015515178
Dwcomic1341641579295461
Dwcomic1341642713247403
Dwcomic1341642089732881
Dwcomic1341640110494774
Dwcomic1341642776502918
Dwcomic1341642997017713
Dwcomic1341641616588365
Dwcomic1341641947836201
Dwcomic1341641524521044
Dwcomic1341642792687127
Dwcomic1341641807658373
Dwcomic1341642902846976
Dwcomic1341641970277402
Dwcomic1341640155927609
Dwcomic1341642758462560
Dwcomic1341641908934152
Dwcomic1341643135116832
Dwcomic1341641207150396
Dwcomic1341641486992602
Dwcomic1341643173294313
Dwcomic1341641541323973
Dwcomic1341642164451989
Dwcomic1341642262018929
Dwcomic1341641265301302
Dwcomic1341642198704882
Dwcomic1341641598652164
Dwcomic1341641637449109
Dwcomic1341642110545671
Dwcomic1341642057889990
Dwcomic1341641988451308
Dwcomic1341642130744238
Dwcomic1341641302486018
Dwcomic1341641449992793
Dwcomic1341641184883748
Dwcomic1341641321297272
Dwcomic1341642885628387
Dwcomic1341642221084003
Dwcomic1341641246112612
Dwcomic1341640176786207
Dwcomic1341641505924292
Dwcomic1341641824494434
Dwcomic1341641691748143
Dwcomic1341641227845674
Dwcomic1341642849373938
Dwcomic1341641165572636
Dwcomic1341642181688242
Dwcomic1341643067783244
Dwcomic1341640007529509
Dwcomic1341642042410460
Dwcomic1341640284758750
Dwcomic1341640048334409
Dwcomic1341640027936804
Dwcomic1341640254175060
Dwcomic1341642025131947
Dwcomic1341641790458156
Dwcomic1341642830043869
Dwcomic1341641672940765
Dwcomic1341641393974447
Dwcomic1341643046785043
Dwcomic1341641843425653
Dwcomic1341641732434676
Dwcomic1341642730413438
Dwcomic1341641354497933
Dwcomic1341642281084936
Dwcomic1341641337395185
Dwcomic1341642075038674
Dwcomic1341641370121114
Dwcomic1341642149354186
Dwcomic1341640216031243
Dwcomic1341641468755940
Dwcomic1341643117613092
Dwcomic1341642945506244
Dwcomic1341640089021794
Dwcomic1341641751540185
Dwcomic1341643092000827
Dwcomic1341641866814310
Dwcomic1341642920828384
Dwcomic1341642811951892
Dwcomic1341640131806278
Dwcomic1341641928892599
Dwcomic1341641655073057
Dwcomic1341640342785301
Dwcomic1341643154130105
Dwcomic1341641891200811
Dwcomic1341641430532454
Dwcomic1341640235950775
Dwcomic1341642240634881
Dwcomic1341642867349939
Dwcomic1341640067227043
Dwcomic1341642006410009
Dwcomic1341641411154230
Dwcomic1341641560799863
Dwcomic1341640198890705
Dwcomic1341642976501266
Dwcomic1341641770871541
Dwcomic1341641712181345
Dwcomic1341641283617185
Dwcomic1341640308011568
2012-07-07 15:47:15
12 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage ] 2012/07/07(土) 08:46:15.69 ID:3Hg3nnTU0
「ひああああっ」
 銀時の腰に跨らされた状態で、乱暴に竿の半ばまでを挿入され、桂は髪を振り乱して悲鳴を上げた。痛みに震える体を抱きしめ、銀時は桂の尻を鷲?んで広げさせ、更に奥まで挿入した。そのまま、桂ごと揺さぶる。
「あっ、痛ッ・・・うぐっ」
 ズンズンと衝撃が腰から背骨を通って脳にまで響いているようで、深く貫かれるごとに桂は声をあげた。
 好き勝手に揺さぶられながら、狭い内部を銀時が遡ってくるのを感じ、何とも云い難い震えに襲われる。
「あ、だいぶよくなってきた。お前の中、きゅうきゅう搾ってきてきもちいい・・」
 銀時は桂を突き上げながら、揺れる髪を掻き分け肩口に顔を埋めた。
 汗とほのかな香のような香りがする。
桂に香を焚き染めるような趣味はなかったから、これは桂の匂いなんだろうか。
「いい匂い・・・」
 肩口から項まで舐め上げると、桂の肩がびくっと震えた。
「そろそろ本格的に動くぞ」
「ちょ、待て貴様ッ!・・・アアッ」
 桂の返答はもとより聞く気などない銀時は、桂の尻を掴んだまま桂の内部を性器で探り始めた。
向かい合って密着した状態で揺さぶられているせいで、桂の性器も銀時の腹に擦られて
またゆるく立ち上がり始めている。
痛みに慣れてきた体は、内臓を擦られる刺激を次第に快楽と捕らえてきていた。
入り口に近い腹側の粘膜を擦られると、銀時の腰をまたいで伸ばされた白い脚ががくがくと暴れる。
銀時の下生えが穴の淵にふれるほど根元まで押し込められて、桂は途切れ途切れに喘ぎを漏らす。
「あっ・・・・だめだ、こんなッ」
 銀時と、とても人に言えないような場所で交わっているという事実。
それは不思議なことに不快ではなかった。
そのことがより桂に羞恥を覚えさせる。
 体の力が抜け、この行為に次第に快感を感じだした桂を、銀時は更に結合部からいやらしい液が
飛び散るほど乱暴に貫き始めた。
「はあうっ、んうっ、アッ・・・はっ」
「ヅラ、中で出すから」
「はッ、ば、馬鹿やめろ!」
 縛られた腕で銀時の首を輪で通すようにしてしがみついていた桂が、不穏な言葉に目を向く。
銀時は白い首筋に噛み付くように口付けると、腰を限界まで突き上げた。
銀時よりはるかに軽い体は、おもちゃのように揺さぶられて銀時を最奥まで受け入れた。
「あひっ・・・・くッ、あああああっ!」
 瀕死の鳥のようにびくびくとのけぞりながら、桂が達する。
銀時を根元までくわえ込んだ秘所が痙攣し、絞り上げるように締め付けた。
「ヅラ、お前、すげ・・・ッ」
 銀時も胴振るいし、言葉どおり桂の中に放つ。
体の中いっぱいに熱いものを注がれる感触に桂は息を詰めて耐えた。
いつも体温も低く殆ど汗をかかない桂の体は、情交のせいでしっとりと汗ばみ、青白い肌は薄く色づいている。
荒い息を吐きながら、銀時は汗を舐めとるように桂の首を舐め上げた。
絶頂の間際に噛んだ首筋は歯型がついて薄く血が滲んでいる。肉食獣の捕食を思い出し、銀時は薄く笑った。
(ま、食っちゃったし)
 その血も舐め、銀時は呼吸の収まらない桂に深く口付けた。
苦しいのだろう、首をねじって逃げようとするのを押さえつけ、舌を吸い上げる。
桂の唾液はなぜか甘い気がした。
「・・・はっ、ぎんとき、もうはなれろっ」
 抗議の声で見下ろせば、まだ二人は交わったままだった。
絶頂を迎えたあとの秘部に、未だ固いままの銀時が嵌っているのが苦しいのだろう。
「へーへー」
「・・・アッ」
素直に聞いたふりをして、桂の中から一気に引き抜く。
排泄感に桂はまた小さく喘ぎを漏らした。
その力が抜けて閉じられない足の狭間から、銀時が吐き出したものがとろりと腿を伝う。
広げられていたせいで、急には閉じられない穴が、桂が息をつくたびに銀時の残滓をこぼした。
あまりに卑猥な光景を見やり、銀時はたちの悪い笑みを浮かべる。
「でも銀さんまだまだ元気だし、せっかくだから最後まで面倒みてくんない?」
3513byte 56lines6回

sato/1340841507/498
Dwcomic1341618377091615(Lv1)
を破門した。
さらに●の書込機能を一時停止させた。
推定●6dD2zSEt7KijAf6O →焼 2012-07-09 23:00:00
弟子と推定される忍者ID
Dwcomic1341618492396200
Dwcomic1341618323651526
Dwcomic1341618294023749
Dwcomic1341618511821338
Dwcomic1341618579287625
Dwcomic1341618354209440
Dwcomic1341618531561174
Dwcomic1341618438243253
Dwcomic1341618268305005
Dwcomic1341618398237388
Dwcomic1341618596788822
Dwcomic1341618420166037
Dwcomic1341618473281772
Dwcomic1341618456664209
Dwcomic1341618555636217
Dwcomic1341618613664745
2012-07-07 08:50:28
163 名無しさん@ピンキー [sage] 2012/06/25(月) 09:54:49.91 ID:???
「ひああああっ」
 銀時の腰に跨らされた状態で、乱暴に竿の半ばまでを挿入され、桂は髪を振り乱して悲鳴を上げた。痛みに震える体を抱きしめ、銀時は桂の尻を鷲?んで広げさせ、更に奥まで挿入した。そのまま、桂ごと揺さぶる。
「あっ、痛ッ・・・うぐっ」
 ズンズンと衝撃が腰から背骨を通って脳にまで響いているようで、深く貫かれるごとに桂は声をあげた。
 好き勝手に揺さぶられながら、狭い内部を銀時が遡ってくるのを感じ、何とも云い難い震えに襲われる。
「あ、だいぶよくなってきた。お前の中、きゅうきゅう搾ってきてきもちいい・・」
 銀時は桂を突き上げながら、揺れる髪を掻き分け肩口に顔を埋めた。
 汗とほのかな香のような香りがする。
桂に香を焚き染めるような趣味はなかったから、これは桂の匂いなんだろうか。
「いい匂い・・・」
 肩口から項まで舐め上げると、桂の肩がびくっと震えた。
「そろそろ本格的に動くぞ」
「ちょ、待て貴様ッ!・・・アアッ」
 桂の返答はもとより聞く気などない銀時は、桂の尻を掴んだまま桂の内部を性器で探り始めた。
向かい合って密着した状態で揺さぶられているせいで、桂の性器も銀時の腹に擦られて
またゆるく立ち上がり始めている。
痛みに慣れてきた体は、内臓を擦られる刺激を次第に快楽と捕らえてきていた。
入り口に近い腹側の粘膜を擦られると、銀時の腰をまたいで伸ばされた白い脚ががくがくと暴れる。
銀時の下生えが穴の淵にふれるほど根元まで押し込められて、桂は途切れ途切れに喘ぎを漏らす。
「あっ・・・・だめだ、こんなッ」
 銀時と、とても人に言えないような場所で交わっているという事実。
それは不思議なことに不快ではなかった。
そのことがより桂に羞恥を覚えさせる。
 体の力が抜け、この行為に次第に快感を感じだした桂を、銀時は更に結合部からいやらしい液が
飛び散るほど乱暴に貫き始めた。
「はあうっ、んうっ、アッ・・・はっ」
「ヅラ、中で出すから」
「はッ、ば、馬鹿やめろ!」
 縛られた腕で銀時の首を輪で通すようにしてしがみついていた桂が、不穏な言葉に目を向く。
銀時は白い首筋に噛み付くように口付けると、腰を限界まで突き上げた。
銀時よりはるかに軽い体は、おもちゃのように揺さぶられて銀時を最奥まで受け入れた。
「あひっ・・・・くッ、あああああっ!」
 瀕死の鳥のようにびくびくとのけぞりながら、桂が達する。
銀時を根元までくわえ込んだ秘所が痙攣し、絞り上げるように締め付けた。
「ヅラ、お前、すげ・・・ッ」
 銀時も胴振るいし、言葉どおり桂の中に放つ。
体の中いっぱいに熱いものを注がれる感触に桂は息を詰めて耐えた。
いつも体温も低く殆ど汗をかかない桂の体は、情交のせいでしっとりと汗ばみ、青白い肌は薄く色づいている。
荒い息を吐きながら、銀時は汗を舐めとるように桂の首を舐め上げた。
絶頂の間際に噛んだ首筋は歯型がついて薄く血が滲んでいる。肉食獣の捕食を思い出し、銀時は薄く笑った。
(ま、食っちゃったし)
 その血も舐め、銀時は呼吸の収まらない桂に深く口付けた。
苦しいのだろう、首をねじって逃げようとするのを押さえつけ、舌を吸い上げる。
桂の唾液はなぜか甘い気がした。
「・・・はっ、ぎんとき、もうはなれろっ」
 抗議の声で見下ろせば、まだ二人は交わったままだった。
絶頂を迎えたあとの秘部に、未だ固いままの銀時が嵌っているのが苦しいのだろう。
「へーへー」
「・・・アッ」
素直に聞いたふりをして、桂の中から一気に引き抜く。
排泄感に桂はまた小さく喘ぎを漏らした。
その力が抜けて閉じられない足の狭間から、銀時が吐き出したものがとろりと腿を伝う。
広げられていたせいで、急には閉じられない穴が、桂が息をつくたびに銀時の残滓をこぼした。
あまりに卑猥な光景を見やり、銀時はたちの悪い笑みを浮かべる。
「でも銀さんまだまだ元気だし、せっかくだから最後まで面倒みてくんない?」
3513byte 56lines6回 埋立

◆ShinoBUi3QFG-しのぶ♪
yama/1339338032/723
Derochara1340585690479407(Lv1)
を破門した。
さらに●の書込機能を一時停止させた。
推定●xLjpUFle7KijAf6O →焼 2012-06-26 00:00:00
2012-06-25 19:02:46
102 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage ] 2012/06/23(土) 07:06:10.99 ID:LWnCE5ra0
「ひああああっ」
 銀時の腰に跨らされた状態で、乱暴に竿の半ばまでを挿入され、桂は髪を振り乱して悲鳴を上げた。痛みに震える体を抱きしめ、銀時は桂の尻を鷲?んで広げさせ、更に奥まで挿入した。そのまま、桂ごと揺さぶる。
「あっ、痛ッ・・・うぐっ」
 ズンズンと衝撃が腰から背骨を通って脳にまで響いているようで、深く貫かれるごとに桂は声をあげた。
 好き勝手に揺さぶられながら、狭い内部を銀時が遡ってくるのを感じ、何とも云い難い震えに襲われる。
「あ、だいぶよくなってきた。お前の中、きゅうきゅう搾ってきてきもちいい・・」
 銀時は桂を突き上げながら、揺れる髪を掻き分け肩口に顔を埋めた。
 汗とほのかな香のような香りがする。
桂に香を焚き染めるような趣味はなかったから、これは桂の匂いなんだろうか。
「いい匂い・・・」
 肩口から項まで舐め上げると、桂の肩がびくっと震えた。
「そろそろ本格的に動くぞ」
「ちょ、待て貴様ッ!・・・アアッ」
 桂の返答はもとより聞く気などない銀時は、桂の尻を掴んだまま桂の内部を性器で探り始めた。
向かい合って密着した状態で揺さぶられているせいで、桂の性器も銀時の腹に擦られて
またゆるく立ち上がり始めている。
痛みに慣れてきた体は、内臓を擦られる刺激を次第に快楽と捕らえてきていた。
入り口に近い腹側の粘膜を擦られると、銀時の腰をまたいで伸ばされた白い脚ががくがくと暴れる。
銀時の下生えが穴の淵にふれるほど根元まで押し込められて、桂は途切れ途切れに喘ぎを漏らす。
「あっ・・・・だめだ、こんなッ」
 銀時と、とても人に言えないような場所で交わっているという事実。
それは不思議なことに不快ではなかった。
そのことがより桂に羞恥を覚えさせる。
 体の力が抜け、この行為に次第に快感を感じだした桂を、銀時は更に結合部からいやらしい液が
飛び散るほど乱暴に貫き始めた。
「はあうっ、んうっ、アッ・・・はっ」
「ヅラ、中で出すから」
「はッ、ば、馬鹿やめろ!」
 縛られた腕で銀時の首を輪で通すようにしてしがみついていた桂が、不穏な言葉に目を向く。
銀時は白い首筋に噛み付くように口付けると、腰を限界まで突き上げた。
銀時よりはるかに軽い体は、おもちゃのように揺さぶられて銀時を最奥まで受け入れた。
「あひっ・・・・くッ、あああああっ!」
 瀕死の鳥のようにびくびくとのけぞりながら、桂が達する。
銀時を根元までくわえ込んだ秘所が痙攣し、絞り上げるように締め付けた。
「ヅラ、お前、すげ・・・ッ」
 銀時も胴振るいし、言葉どおり桂の中に放つ。
体の中いっぱいに熱いものを注がれる感触に桂は息を詰めて耐えた。
いつも体温も低く殆ど汗をかかない桂の体は、情交のせいでしっとりと汗ばみ、青白い肌は薄く色づいている。
荒い息を吐きながら、銀時は汗を舐めとるように桂の首を舐め上げた。
絶頂の間際に噛んだ首筋は歯型がついて薄く血が滲んでいる。肉食獣の捕食を思い出し、銀時は薄く笑った。
(ま、食っちゃったし)
 その血も舐め、銀時は呼吸の収まらない桂に深く口付けた。
苦しいのだろう、首をねじって逃げようとするのを押さえつけ、舌を吸い上げる。
桂の唾液はなぜか甘い気がした。
「・・・はっ、ぎんとき、もうはなれろっ」
 抗議の声で見下ろせば、まだ二人は交わったままだった。
絶頂を迎えたあとの秘部に、未だ固いままの銀時が嵌っているのが苦しいのだろう。
「へーへー」
「・・・アッ」
素直に聞いたふりをして、桂の中から一気に引き抜く。
排泄感に桂はまた小さく喘ぎを漏らした。
その力が抜けて閉じられない足の狭間から、銀時が吐き出したものがとろりと腿を伝う。
広げられていたせいで、急には閉じられない穴が、桂が息をつくたびに銀時の残滓をこぼした。
あまりに卑猥な光景を見やり、銀時はたちの悪い笑みを浮かべる。
「でも銀さんまだまだ元気だし、せっかくだから最後まで面倒みてくんない?」
3513byte 56lines6回 埋立 コピペ

◆/SAKUJO/575/-めだま焼き ★
sato/1334592057/815
Dwcomic1340402772372815(Lv1)
を破門した。
さらに●の書込機能を一時停止させた。
推定●RXLYV5lQ7KijAf6O →焼 2012-06-24 20:00:00
弟子と推定される忍者ID
Dwcomic1340401160607150
Dwcomic1340401339337647
Dwcomic1340400434338570
Dwcomic1340401178894949
Dwcomic1340397108014887
Dwcomic1340401623669547
Dwcomic1340400498897355
Dwcomic1340397841519236
Dwcomic1340400736132217
Dwcomic1340397179504422
Dwcomic1340400671357712
Dnanmin1340233548544822
Dwcomic1340401555014143
Dwcomic1340400757203640
Dwcomic1340396693340547
Dwcomic1340400453998705
Dwcomic1340401403878794
Dwcomic1340401357874958
Dwcomic1340398020273401
Dwcomic1340401576345755
Dwcomic1340397935460976
Dwcomic1340400840430334
Dwcomic1340400971221639
Dwcomic1340400521947678
Dwcomic1340401239793437
Dwcomic1340399008524500
Dwcomic1340400604548615
Dwcomic1340401606243032
Deromog21340184416664710
Dwcomic1340401509941727
Dwcomic1340400646320463
Dwcomic1340400899603000
Dwcomic1340397885901266
Dwcomic1340397963588815
Dwcomic1340400695510412
Dwcomic1340397819614114
Dwcomic1340401694035790
Dwcomic1340397862574140
Dwcomic1340397909696272
Deromog21340181400262566
Dwcomic1340400806947358
Dwcomic1340181737811361
Dwcomic1340400882477171
Dwcomic1340400348405987
Dwcomic1340397082184321
Dwcomic1340400563826023
Dwcomic1340398070538879
Dwcomic1340401317366242
Dwcomic1340401796315894
Dwcomic1340401102757297
Dwcomic1340401529382935
Deromog21340183667223465
Dwcomic1340401757797417
Dwcomic1340400285752146
Dwcomic1340400951890019
Dwcomic1340401472693736
Dwcomic1340400369519002
Dwcomic1340400720256527
Dwcomic1340397286369998
Dwcomic1340400306438633
Dwcomic1340397327205677
Dwcomic1340397155320353
Dwcomic1340401215642632
Dwcomic1340397234333440
Dwcomic1340396671051718
Dwcomic1340398045609737
Dwcomic1340401256093642
Dwcomic1340401133840116
Dwcomic1340397763244950
Dwcomic1340397992519975
Dwcomic1340401673846553
Dwcomic1340400781868071
Dwcomic1340400392246299
Dnanmin1340182825417650
Dwcomic1340401198707439
Dwcomic1340401028090987
Dwcomic1340401277612606
Dwcomic1340400920882824
Dwcomic1340397735864369
Dwcomic1340401051949464
Dwcomic1340400411560967
Dwcomic1340400476377582
Dwcomic1340400863028065
Dwcomic1340397792033492
Dwcomic1340401427199058
Dwcomic1340401738946637
Dwcomic1340401080535776
Dwcomic1340400328787641
Dwcomic1340401298381511
Dwcomic1340401650402882
Dwcomic1340400998030342
Dwcomic1340397264196907
Dwcomic1340401776687879
Dwcomic1340397303896597
Dwcomic1340401718915088
Dwcomic1340401452758839
Dwcomic1340401381805842
Dwcomic1340397213880430
Dwcomic1340401490955304
Dwcomic1340400541970189
2012-06-23 07:09:00
151 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage ] 2012/05/31(木) 01:33:57.02 ID:L9D8cWlD0
「ひああああっ」
 銀時の腰に跨らされた状態で、乱暴に竿の半ばまでを挿入され、桂は髪を振り乱して悲鳴を上げた。痛みに震える体を抱きしめ、銀時は桂の尻を鷲?んで広げさせ、更に奥まで挿入した。そのまま、桂ごと揺さぶる。
「あっ、痛ッ・・・うぐっ」
 ズンズンと衝撃が腰から背骨を通って脳にまで響いているようで、深く貫かれるごとに桂は声をあげた。
 好き勝手に揺さぶられながら、狭い内部を銀時が遡ってくるのを感じ、何とも云い難い震えに襲われる。
「あ、だいぶよくなってきた。お前の中、きゅうきゅう搾ってきてきもちいい・・」
 銀時は桂を突き上げながら、揺れる髪を掻き分け肩口に顔を埋めた。
 汗とほのかな香のような香りがする。
桂に香を焚き染めるような趣味はなかったから、これは桂の匂いなんだろうか。
「いい匂い・・・」
 肩口から項まで舐め上げると、桂の肩がびくっと震えた。
「そろそろ本格的に動くぞ」
「ちょ、待て貴様ッ!・・・アアッ」
 桂の返答はもとより聞く気などない銀時は、桂の尻を掴んだまま桂の内部を性器で探り始めた。
向かい合って密着した状態で揺さぶられているせいで、桂の性器も銀時の腹に擦られて
またゆるく立ち上がり始めている。
痛みに慣れてきた体は、内臓を擦られる刺激を次第に快楽と捕らえてきていた。
入り口に近い腹側の粘膜を擦られると、銀時の腰をまたいで伸ばされた白い脚ががくがくと暴れる。
銀時の下生えが穴の淵にふれるほど根元まで押し込められて、桂は途切れ途切れに喘ぎを漏らす。
「あっ・・・・だめだ、こんなッ」
 銀時と、とても人に言えないような場所で交わっているという事実。
それは不思議なことに不快ではなかった。
そのことがより桂に羞恥を覚えさせる。
 体の力が抜け、この行為に次第に快感を感じだした桂を、銀時は更に結合部からいやらしい液が
飛び散るほど乱暴に貫き始めた。
「はあうっ、んうっ、アッ・・・はっ」
「ヅラ、中で出すから」
「はッ、ば、馬鹿やめろ!」
 縛られた腕で銀時の首を輪で通すようにしてしがみついていた桂が、不穏な言葉に目を向く。
銀時は白い首筋に噛み付くように口付けると、腰を限界まで突き上げた。
銀時よりはるかに軽い体は、おもちゃのように揺さぶられて銀時を最奥まで受け入れた。
「あひっ・・・・くッ、あああああっ!」
 瀕死の鳥のようにびくびくとのけぞりながら、桂が達する。
銀時を根元までくわえ込んだ秘所が痙攣し、絞り上げるように締め付けた。
「ヅラ、お前、すげ・・・ッ」
 銀時も胴振るいし、言葉どおり桂の中に放つ。
体の中いっぱいに熱いものを注がれる感触に桂は息を詰めて耐えた。
いつも体温も低く殆ど汗をかかない桂の体は、情交のせいでしっとりと汗ばみ、青白い肌は薄く色づいている。
荒い息を吐きながら、銀時は汗を舐めとるように桂の首を舐め上げた。
絶頂の間際に噛んだ首筋は歯型がついて薄く血が滲んでいる。肉食獣の捕食を思い出し、銀時は薄く笑った。
(ま、食っちゃったし)
 その血も舐め、銀時は呼吸の収まらない桂に深く口付けた。
苦しいのだろう、首をねじって逃げようとするのを押さえつけ、舌を吸い上げる。
桂の唾液はなぜか甘い気がした。
「・・・はっ、ぎんとき、もうはなれろっ」
 抗議の声で見下ろせば、まだ二人は交わったままだった。
絶頂を迎えたあとの秘部に、未だ固いままの銀時が嵌っているのが苦しいのだろう。
「へーへー」
「・・・アッ」
素直に聞いたふりをして、桂の中から一気に引き抜く。
排泄感に桂はまた小さく喘ぎを漏らした。
その力が抜けて閉じられない足の狭間から、銀時が吐き出したものがとろりと腿を伝う。
広げられていたせいで、急には閉じられない穴が、桂が息をつくたびに銀時の残滓をこぼした。
あまりに卑猥な光景を見やり、銀時はたちの悪い笑みを浮かべる。
「でも銀さんまだまだ元気だし、せっかくだから最後まで面倒みてくんない?」
3513byte 56lines6回 埋立 コピペ

◆CCkkkkfpdQXQ-しし丸♪
sato/1338310754/150
Dwcomic1338395638409726(Lv1)
を破門した。
さらに●の書込機能を一時停止させた。
推定●TvXSzghQ7KijAf6O →焼 2012-05-31 23:00:00
弟子と推定される忍者ID
Deromog21338196766011751
Dnanmin1338205416215272
Dwcomic1338394493998900
Dwcomic1338395191064482
Dwcomic1338395464317237
Dwcomic1338394415715553
Dwcomic1338395698686707
Dwcomic1338394673375151
Dwcomic1338395482490717
Dwcomic1338394612786277
Dwcomic1338394539035268
Dwcomic1338395234157909
Dnanmin1338190487305879
Deromog21338377977170076
Dwcomic1338395343596137
Dwcomic1338395048460209
Dwcomic1338395443093249
Dwcomic1338394635247069
Dnanmin1338190641017192
Dwcomic1338394897596370
Dwcomic1338394653391886
Dwcomic1338395322578651
Dwcomic1338395382063247
Dwcomic1338395296575945
Dwcomic1338394810252685
Dwcomic1338395091237255
Dwcomic1338394438030192
Dwcomic1338395507598384
Dwcomic1338395151015557
Dwcomic1338395130512979
Dwcomic1338395425333181
Dnanmin1338183798603499
Dwcomic1338395211782931
Dwcomic1338394923108994
Dwcomic1338394768903677
Dwcomic1338395029892027
Dwcomic1338394968809693
Dwcomic1338394832425886
Dwcomic1338395274044029
Dwcomic1338395170029799
Dwcomic1338394563919223
Dwcomic1338394516758871
Dwcomic1338394724663975
Dwcomic1338394744496718
Dwcomic1338394588678107
Dwcomic1338394695672039
Dwcomic1338395002014564
Dwcomic1338395403655564
Dnanmin1338190718123890
Dwcomic1338394787100808
Dwcomic1338394877835658
Dwcomic1338395253152200
Dwcomic1338394853546318
Dwcomic1338394469211207
Dwcomic1338394945957327
2012-05-31 01:35:06
DB更新日時:2017-10-29 00:59:26 6件中 1 - 6件表示