からを検索。
からを検索。
条件クリア リセット
現在の検索条件 :

レス内容のハッシュ値 = QlaZS2XAo9LUCLC9hFTyeA

DB更新日時:2017-10-29 00:59:26 26件中 1 - 26件表示
水遁を受けたレス内容コマンド実行者コマンド実行時間
715 名無しさん@お腹いっぱい。 [] 2012/08/31(金) 23:10:55.15 ID:Za5p7kBt0
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」
3695byte 60lines26回 埋立 コピペ

◆/Wi/dV46sezK-豪山♪
sato/1346165908/546
Danime21346422256596366(Lv1)
を破門した。
さらに●の書込機能を一時停止させた。
2012-08-31 23:42:33
201 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage] 2012/07/26(木) 18:59:30.54 ID:plQs91lK0
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」
3695byte 60lines26回 埋立 コピペ

sato/1342788919/543
Dwcomic1343296771093826(Lv1)
を破門した。
さらに●の書込機能を一時停止させた。
推定●Mhd4KZmC7KijAf6O →焼 2012-07-26 20:00:00
弟子と推定される忍者ID
Dwcomic1343296280561843
Derochara1343297051558302
Derochara1343297112522832
Dwcomic1343296498132933
Dwcomic1343296536428250
Dwcomic1343296553317259
Dwcomic1343296631861483
Dwcomic1343296516512074
Dwcomic1343296593742975
Dwcomic1343296432164310
Derochara1343296882804810
Derochara1343297089284471
Dwcomic1343296410489140
Derochara1343296965758862
Derochara1343296944891733
Derochara1343296816461439
Dwcomic1343296614764647
Derochara1343297008709882
Dwcomic1343296746356427
Derochara1343296988940217
Derochara1343297027802125
Dwcomic1343296476353622
Dwcomic1343296668520668
Dwcomic1343296325109854
Dwcomic1343296237219032
Derochara1343296840609931
Dwcomic1343296211022575
Dwcomic1343296569842640
Derochara1343296924820328
Dwcomic1343296370939026
Derochara1343296904380315
Derochara1343297069987240
Dwcomic1343296389752195
Dwcomic1343296302754854
Dwcomic1343296258321333
Derochara1343297131314269
Dwcomic1343296651029424
Dwcomic1343296451951001
Derochara1343296863163302
Dwcomic1343296353364824
2012-07-26 19:05:41
101 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage] 2012/07/24(火) 16:55:27.96 ID:xTfp+6b70
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」
3695byte 60lines26回 埋立 コピペ

sato/1342788919/360
Dwcomic1343116528504192(Lv1)
を破門した。
さらに●の書込機能を一時停止させた。
推定●Mhd4KZmC7KijAf6O →焼 2012-07-26 20:00:00
弟子と推定される忍者ID
Dwcomic1343116625684062
Dwcomic1343115526249116
Dwcomic1343115154831340
Dwcomic1343115909973885
Dwcomic1343115344810594
Dcchara1343094654161193
Dwcomic1343115712404879
Deromog21342972141411078
Dwcomic1343115874763307
Dwcomic1343115442006685
Dwcomic1343115462233882
Dwcomic1343115192674819
Dwcomic1343116584359580
Dwcomic1343116387118205
Dwcomic1343115774337424
Dwcomic1343116645841976
Dwcomic1343115891913869
Dwcomic1343116145434081
Dwcomic1342944172797269
Dwcomic1343116242745697
Dwcomic1343115364421631
Dwcomic1343115303360906
Dwcomic1343116127764831
Dwcomic1343115591089296
Dwcomic1343116425166765
Dwcomic1343116352917047
Dwcomic1343115665491245
Dwcomic1342943843681541
Dwcomic1343116221711699
Dwcomic1343115630498423
Dwcomic1343115234264232
Dwcomic1343115257380671
Deromog21343084335024856
Dwcomic1343115421497445
Dwcomic1343115970824948
Dtubo1342958053552094
Dwcomic1343115931290535
Dwcomic1343116547523079
Dwcomic1343115837585891
Dwcomic1342943988472122
Dwcomic1343116164771648
Dwcomic1343115751357262
Dwcomic1343116468794375
Dwcomic1343116091213717
Dwcomic1343116566450710
Dwcomic1343115730492975
Dwcomic1342943907356641
Dwcomic1343116264518926
Dwcomic1343115384667509
Dwcomic1343115990218053
Dwcomic1343115797007313
Dwcomic1343116040648869
Dwcomic1343116603659675
Dwcomic1343115483049128
Dwcomic1343116509582869
Dwcomic1343116284746068
Dwcomic1343115950786449
Dwcomic1343116184056217
Dwcomic1343115545959050
Dwcomic1343115506911582
Dwcomic1343115402495872
Dwcomic1343116666658511
Dwcomic1343115611016529
Dwcomic1343116447082488
Deromog21343080388814035
Dwcomic1343115321343912
Dwcomic1343116323342780
Dwcomic1343115688058900
Dwcomic1343115855252606
Dwcomic1343115214423451
Dwcomic1343115277755646
Dwcomic1343116302363905
Dwcomic1343116109876594
Dwcomic1343116013834189
Dwcomic1343115814294039
Dwcomic1343116405592142
Dwcomic1343116204168952
Dwcomic1343116073080867
Dwcomic1343115571738722
Dwcomic1343116488425544
Dwcomic1343115647657192
2012-07-24 16:57:55
163 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage ] 2012/07/09(月) 17:00:57.83 ID:MMdIogis0
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」
3695byte 60lines26回 埋立 コピペ

◆/SAKUJO/575/-めだま焼き ★
sato/1334592057/956
Dwcomic1341820859261145(Lv1)
を破門した。
さらに●の書込機能を一時停止させた。
推定●6dD2zSEt7KijAf6O →焼 2012-07-09 23:00:00
弟子と推定される忍者ID
Dwcomic1341818528188025
Dwcomic1341818492220698
Dwcomic1341818382981481
Dwcomic1341819294144138
Dwcomic1341818510948982
Dwcomic1341818848540290
Dwcomic1341820158724659
Dwcomic1341820112609083
Dwcomic1341820825458505
Dwcomic1341820043967722
Dwcomic1341820096651949
Dwcomic1341817756009972
Dwcomic1341820485806862
Dwcomic1341820232531963
Dwcomic1341819430135010
Dwcomic1341820129203934
Dwcomic1341818916243696
Dwcomic1341818559630323
Dwcomic1341820840502975
Dwcomic1341819223298247
Dwcomic1341820788243733
Dwcomic1341820196148736
Dwcomic1341820272939665
Dwcomic1341819954963565
Dwcomic1341818875231790
Dwcomic1341818703339736
Dwcomic1341817895501189
Dwcomic1341818575313434
Dwcomic1341820252569675
Dwcomic1341818795886512
Dwcomic1341818742622516
Dwcomic1341819275493061
Dwcomic1341819156456711
Dwcomic1341818629508590
Dwcomic1341818829586344
Dwcomic1341820664698026
Dwcomic1341818544963106
Dwcomic1341818979847207
Dwcomic1341819205292617
Dwcomic1341818939852195
Dwcomic1341819121245870
Dwcomic1341818957907710
Dwcomic1341819060358310
Dwcomic1341819387172734
Dwcomic1341818362695202
Dwcomic1341818592459639
Dwcomic1341820630167247
Dwcomic1341818722370118
Dwcomic1341820467923421
Dwcomic1341819173191819
Dwcomic1341818686513780
Dwcomic1341819466023587
Dwcomic1341819370492963
Dwcomic1341818812418277
Dwcomic1341817776549116
Dwcomic1341820330447066
Dwcomic1341819308613076
Dwcomic1341819506149728
Dwcomic1341819489606756
Dwcomic1341820562390938
Dwcomic1341820684477238
Dwcomic1341820143710240
Dwcomic1341820367577622
Dwcomic1341819257698604
Dwcomic1341818647201525
Dwcomic1341819242664080
Dwcomic1341820180884362
Dwcomic1341819406875004
Dwcomic1341819021238906
Dwcomic1341819327732608
Dwcomic1341817874438309
Dwcomic1341820290963355
Dwcomic1341818763343047
Dwcomic1341820406917888
Dwcomic1341820345655547
Dwcomic1341819189981496
Dwcomic1341819042323921
Dwcomic1341820064573313
Dwcomic1341819097072468
Dwcomic1341820426447362
Dwcomic1341817546101508
Dwcomic1341818778606534
Dwcomic1341820448623455
Dwcomic1341818612960191
Dwcomic1341818669853411
Dwcomic1341820524602068
Dwcomic1341820079277963
Dwcomic1341820803307684
Dwcomic1341818896689747
Dwcomic1341819350293035
Dwcomic1341820217091005
Dwcomic1341819137591081
Dwcomic1341820309698684
Dwcomic1341819939274243
Dwcomic1341818999907129
Dwcomic1341820386533457
2012-07-09 18:48:00
180 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage ] 2012/06/24(日) 04:31:17.34 ID:k9zvrO4q0
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」
3695byte 60lines26回 埋立 コピペ

◆K/.FHNq7nTYY-v(↑o↑)vダチュラ♪
sato/1340429213/188
Dwcomic1340479878991730(Lv1)
を破門した。
さらに●の書込機能を一時停止させた。
推定●zu9t8t0Z7KijAf6O →焼 2012-06-24 20:00:00
2012-06-24 07:15:55
287 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage ] 2012/06/23(土) 06:30:03.96 ID:J31UgANA0
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」
3695byte 60lines26回 コピペ

◆sP24PRkWKroi-デニム♪
sato/1339984785/284
Dwcomic1340400604548615(Lv1)
を破門した。
さらに●の書込機能を一時停止させた。
推定●RXLYV5lQ7KijAf6O →焼 2012-06-24 20:00:00
2012-06-23 08:41:54
138 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage ] 2012/06/09(土) 05:11:19.87 ID:SElccX1f0
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」
3695byte 60lines26回 埋立 コピペ

◆police.Sryai-ポリスさん♪
sato/1339087284/243
Dwcomic1339186281550206(Lv1)
を破門した。
さらに●の書込機能を一時停止させた。
推定●P3zf4HSa7KijAf6O →焼 2012-06-09 21:00:00
弟子と推定される忍者ID
Dentrance21339202769499393
Dentrance21339202334756884
Dwcomic1339185602092672
Dentrance21339202547711591
Dwcomic1339185226423969
Dwcomic1339186728228958
Dwcomic1339202223530096
Dentrance21339197453089530
Dentrance21339202357394925
Dentrance21339193508104975
Dwcomic1339185206204483
Dentrance21339190303809347
Dwcomic1339185570341833
Dwcomic1339187338930331
Dwcomic1339185048133350
Dentrance21339202835979514
Dentrance21339197431509166
Dwcomic1339185250242338
Dentrance21339203219412353
Dwcomic1339188217966776
Danime21338687621963515
Dwcomic1339187767294992
Dentrance21339190284236407
Dentrance21339202680328021
Dentrance21339190006555329
Dwcomic1339187791634295
Dentrance21339202791871555
Dentrance21339202516576125
Dwcomic1339186780025135
Dwcomic1339185135437380
Dentrance21339203161367591
Dwcomic1339186836163305
Dentrance21339203281921196
Dwcomic1339187271745722
Dentrance21339202729027100
Dentrance21339202487858071
Dwcomic1339188289889772
Dentrance21339202415884364
Dwcomic1339187416170175
Dwcomic1339185548612582
Dentrance21339202462852804
Dentrance21339197376875371
Dwcomic1339185630242499
Dwcomic1339187220523809
Dentrance21339202659211030
Dentrance21339190260315900
Dwcomic1339185155836237
Dentrance21339202619669047
Dwcomic1339186707632196
Dentrance21339197405398470
Dentrance21339203240927978
Dentrance21339202437735692
Dwcomic1339186754422678
Dwcomic1339187197325695
Dentrance21339202376760828
Dentrance21339202637844163
Dwcomic1339187863644791
Dentrance21339203261341931
Dentrance21339203301730554
Dentrance21339189972140335
Danime21338687711936016
Dwcomic1339186859689438
Dentrance21339203444170694
Dwcomic1339187440137123
Dentrance21339190090920273
Dwcomic1339184867134603
Dwcomic1339187830187807
Dwcomic1339187316385595
Dwcomic1339185177728099
Dwcomic1339186684188742
Dwcomic1339187361509036
Dentrance21339203463785105
Dwcomic1339188268936174
Dentrance21339202749411604
Dwcomic1339188481680300
Dwcomic1339187741376066
Dentrance21339202396360599
Dwcomic1339185106719188
Dentrance21339202812978983
Dwcomic1339186659634308
Dwcomic1339188310115198
Dwcomic1339186811043457
Dwcomic1339187293144947
Dwcomic1339185083391828
Dentrance21339190043002772
Dentrance21339203483887795
Dwcomic1339187388926740
Dwcomic1339187252166422
Dentrance21339202704287638
Dwcomic1339188242816379
2012-06-09 14:01:02
274 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage ] 2012/06/02(土) 05:08:55.31 ID:0cDVPg6v0
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」
3695byte 60lines26回 埋立 コピペ

◆uFFWzrikV4Zv-バンブルビー♪
sato/1338562363/52
Dwcomic1338581336668015(Lv1)
を破門した。
さらに●の書込機能を一時停止させた。
推定●iug6q1vl7KijAf6O →焼 2012-06-02 17:00:00
弟子と推定される忍者ID
Dwcomic1338581594283767
Dwcomic1338579432291410
Dwcomic1338591679048506
Dwcomic1338591642406077
Dwcomic1338590554453843
Dentrance21338595467319935
Dentrance21338595599146189
Dwcomic1338579866841479
Dwcomic1338591437477636
Dwcomic1338579476884517
Dwcomic1338591474087337
Dwcomic1338581509011790
Dwcomic1338578993962408
Dwcomic1338579500358815
Dwcomic1338581464163955
Dwcomic1338591660897024
Dwcomic1338591742234911
Dwcomic1338579456087317
Dwcomic1338581619551117
Dwcomic1338591359535829
Dwcomic1338591381693858
Dwcomic1338590637474101
Dwcomic1338579351351725
Dwcomic1338579249329764
Dwcomic1338590133560417
Dentrance21338595623145341
Dwcomic1338581569223385
Dwcomic1338591722063527
Dwcomic1338590578397604
Dwcomic1338579575399022
Dwcomic1338579692947251
Dwcomic1338591031549792
Dwcomic1338579891540471
Dwcomic1338579019038765
Dwcomic1338579775783624
Dwcomic1338591411073292
Dentrance21338595679510490
Dwcomic1338591535296317
Dwcomic1338579940728161
Dwcomic1338579962456630
Dwcomic1338581434003257
Dwcomic1338579643825344
Dwcomic1338591621045325
Dwcomic1338591071714748
Dwcomic1338590618456054
Dwcomic1338591554353716
Dwcomic1338579401992054
Dwcomic1338591697510386
Dentrance21338595506160081
Dwcomic1338591575790982
Dwcomic1338579068699821
Dwcomic1338579377999712
Dwcomic1338590660910687
Dwcomic1338591011691091
Dwcomic1338590597904178
Dwcomic1338579843222491
Dwcomic1338579986381308
Dwcomic1338579043911726
Dwcomic1338579285027630
Dwcomic1338581487569993
Dwcomic1338579308523763
Dwcomic1338591598880717
Dentrance21338595574457360
Dwcomic1338579555422679
Dentrance21338595525243131
Dwcomic1338579670529095
Dwcomic1338579912314314
Dwcomic1338579716556800
Dwcomic1338589879145789
Dwcomic1338581646877893
Dwcomic1338579531326387
Dwcomic1338589293261259
Dwcomic1338581548507845
Dwcomic1338579225086492
Dwcomic1338578948131802
Dwcomic1338579750199369
Dentrance21338595555404410
Dwcomic1338591050934456
2012-06-02 09:36:48
268 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage] 2012/05/23(水) 22:34:03.77 ID:HgQy0IFq0
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」
3695byte 60lines26回 埋立 コピペ

◆/Wi/dV46sezK-豪山♪
sato/1337700493/235
Dwcomic1337780045229290(Lv1)
を破門した。
さらに●の書込機能を一時停止させた。
推定●IvV4OvWk7KijAf6O →焼 2012-05-25 22:00:00
2012-05-24 00:15:58
178 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage ] 2012/05/23(水) 23:59:21.95 ID:85xBtcaA0
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」
3695byte 60lines26回 コピペ

sato/1337096358/342
Dwcomic1337785162512920(Lv1)
を破門した。
さらに●の書込機能を一時停止させた。
推定●IvV4OvWk7KijAf6O →焼 2012-05-25 22:00:00
弟子と推定される忍者ID
Dwcomic1337778859750342
Dwcomic1337783836746771
Dwcomic1337783381752021
Dwcomic1337780374091866
Dwcomic1337781321427099
Dwcomic1337783634143741
Dwcomic1337777721600505
Dwcomic1337783657988539
Dwcomic1337776460887773
Dwcomic1337777613968674
Dwcomic1337776675809874
Dwcomic1337776507263482
Dwcomic1337783679905680
Dwcomic1337778780512960
Dwcomic1337781550995443
Dwcomic1337779959718163
Dwcomic1337783611956339
Dwcomic1337776538619033
Dwcomic1337779735685131
Dwcomic1337775731282846
Dwcomic1337777590338081
Dwcomic1337776051378604
Dwcomic1337776232680118
Dwcomic1337780114770759
Dwcomic1337778802871383
Dwcomic1337776482723761
Dwcomic1337778918375596
Dwcomic1337781375958160
Dwcomic1337778368770179
Dvote1337311179472726
Dwcomic1337778832199576
Dwcomic1337776330359682
Dwcomic1337778887245399
Dwcomic1337776625907542
Dwcomic1337778118767628
Dwcomic1337783858027628
Dwcomic1337776186555343
Dwcomic1337778143290754
Dtubo1337342218307560
Dwcomic1337783425651281
Dwcomic1337779980062395
Dwcomic1337783548750826
Dwcomic1337776208380429
Dwcomic1337780045229290
Dwcomic1337780209945286
Dwcomic1337777756023423
Dwcomic1337776159233875
Dwcomic1337781447265667
Dwcomic1337779788281607
Dwcomic1337780024151964
Dwcomic1337776597981277
Dwcomic1337776029635505
Dwcomic1337776434754033
Dwcomic1337778389969873
Dwcomic1337783768397922
Dwcomic1337779886574082
Dwcomic1337783589015360
Dwcomic1337780403467016
Dwcomic1337783809437394
Dwcomic1337783353280566
Dwcomic1337783448084399
Dwcomic1337783721632267
Dwcomic1337778940053201
Dwcomic1337777514716034
Dwcomic1337775411831180
Dwcomic1337780253196785
Dwcomic1337784602971701
Dwcomic1337783400997512
Dwcomic1337778333015579
Dwcomic1337783962759866
Dwcomic1337784734252444
Dwcomic1337776133828917
Dwcomic1337781581854832
Dwcomic1337776381697028
Dwcomic1337783492233556
Dwcomic1337783914638892
Dwcomic1337775386663025
Dwcomic1337776568816180
Dwcomic1337776104076673
Dwcomic1337776650310970
Dwcomic1337783744686581
Dwcomic1337777181647231
Dwcomic1337783788121934
Dwcomic1337776407480091
Dwcomic1337780000115283
Dwcomic1337783934077018
Dwcomic1337783331020206
Dwcomic1337783568571395
Dwcomic1337776353015055
Dwcomic1337776252573564
Dwcomic1337781348075818
Dwcomic1337781838516021
Dwcomic1337778072322155
Dwcomic1337777540843968
Dwcomic1337778093306168
Dwcomic1337775759222231
Dwcomic1337783991661383
Dwcomic1337777257653944
Dwcomic1337783699312860
2012-05-24 00:15:36
151 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage ] 2012/05/18(金) 02:27:51.18 ID:JLNN683L0
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」
3695byte 60lines26回 埋立 コピペ

◆uFFWzrikV4Zv-バンブルビー♪
sato/1337098701/451
Dwcomic1337275672602618(Lv1)
を破門した。
さらに●の書込機能を一時停止させた。
推定●eTmLeFU47KijAf6O →焼 2012-05-25 22:00:00
2012-05-18 09:41:49
273 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage ] 2012/05/18(金) 01:10:13.53 ID:9f0uLEgO0
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」
3695byte 60lines26回 埋立 コピペ

◆uFFWzrikV4Zv-バンブルビー♪
sato/1337098701/449
Dwcomic1337271014900988(Lv1)
を破門した。
さらに●の書込機能を一時停止させた。
推定●eTmLeFU47KijAf6O →焼 2012-05-25 22:00:00
弟子と推定される忍者ID
Dcchara1337277790593716
Dcchara1337276614941731
Dcchara1337277820407515
2012-05-18 09:39:32
16 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage ] 2012/05/12(土) 00:03:19.61 ID:A9XhAkdF0
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」
3695byte 60lines26回 埋立

◆xCxx.xXTKLxw-ホヤMK-II♪
sato/1336568934/543
Dwcomic1336748601004148(Lv1)
を破門した。
さらに●の書込機能を一時停止させた。
弟子と推定される忍者ID
Dwcomic1336748799590933
Dwcomic1336749084037789
Dwcomic1336751031758854
Dwcomic1336751789550598
Dwcomic1336749720525747
Dwcomic1336749126053070
Dwcomic1336750566898258
Dwcomic1336751123359568
Dwcomic1336748909251090
Dwcomic1336750982452313
Deromog21336483219635437
Dwcomic1336749206618246
Dwcomic1336751252539721
Dwcomic1336750726121812
Dwcomic1336750654502419
Dwcomic1336748642240552
Dwcomic1336748424205280
Dwcomic1336748852717747
Dwcomic1336748118722941
Dwcomic1336748934250868
Dwcomic1336750538549813
Dwcomic1336751097993213
Dwcomic1336750167182930
Dwcomic1336751068272089
Dwcomic1336748535009111
Dwcomic1336748232634380
Dwcomic1336750232706033
Dwcomic1336752070769599
Dwcomic1336750890664904
Dwcomic1336748772497188
Dwcomic1336751811980405
Dwcomic1336751424614356
Dwcomic1336748160916595
Dwcomic1336752047748341
Dwcomic1336751202925632
Dwcomic1336750319917514
Dwcomic1336751003892405
Dwcomic1336748575548405
Dwcomic1336752093267975
Dwcomic1336751444970129
Dwcomic1336750612774663
Dnanmin1336451068376441
Dwcomic1336750828163810
Dwcomic1336750914153035
Dwcomic1336748397503494
Dwcomic1336751711187567
Dwcomic1336751744059494
Dwcomic1336751173343048
Dwcomic1336750068336826
Dwcomic1336750514502008
Dwcomic1336748201498586
Dwcomic1336750432574026
Dwcomic1336751228966331
Dwcomic1336751837312401
Dwcomic1336750950021620
Dwcomic1336750586873028
Dwcomic1336750802381795
Dwcomic1336751765573543
Dwcomic1336750675801083
Dwcomic1336748825128718
Dwcomic1336748080745768
Dwcomic1336752018964864
Dwcomic1336750403272511
Dwcomic1336748719600254
Dwcomic1336748746368580
Dwcomic1336751275051867
Dwcomic1336750493864521
Dwcomic1336748507683469
Dwcomic1336748876576565
Dwcomic1336750343528333
Dwcomic1336751473691350
Dwcomic1336748988695185
Dwcomic1336750201030912
Dwcomic1336751496763089
Dwcomic1336749752640359
Dwcomic1336748258542261
Dwcomic1336750095829354
Dwcomic1336751378292516
Dwcomic1336748960145532
Dwcomic1336750272453025
Dwcomic1336749776370463
Dwcomic1336750865064359
Dwcomic1336750702601648
Deromog21336450251703142
Dwcomic1336751148138257
Dwcomic1336748358359967
Dwcomic1336749054924351
Dwcomic1336750748060428
Dwcomic1336751324189806
Dwcomic1336748051354204
Dtubo1336489297457957
Dwcomic1336750136915881
2012-05-12 01:01:33
399 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage ] 2012/05/09(水) 23:06:43.07 ID:mk1pLD1a0
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」
3695byte 60lines26回 埋立 コピペ

◆/Wi/dV46sezK-豪山♪
sato/1336568934/13
Dwcomic1336572404528027(Lv1)
を破門した。
さらに●の書込機能を一時停止させた。
推定●Nihr/d0u7KijAf6O →焼 2012-05-11 18:00:00
弟子と推定される忍者ID
Dwcomic1336570982838692
Dwcomic1336567363742656
Dwcomic1336565170819393
Dwcomic1336570764819959
Dwcomic1336565423281308
Dwcomic1336570538724103
Dwcomic1336569732826172
Dwcomic1336566005016252
Dwcomic1336565595877098
Dwcomic1336567556815846
Dwcomic1336561702110193
Dwcomic1336571198156076
Dwcomic1336569917669464
Dwcomic1336570400849888
Dwcomic1336568467445133
Dwcomic1336567432162297
Dwcomic1336563106109732
Dwcomic1336567167610351
Dwcomic1336570856981643
Dwcomic1336562863339138
Dwcomic1336569578463098
Dwcomic1336570331222149
Dwcomic1336570517716101
Dwcomic1336571090757820
Dwcomic1336560624561351
Dwcomic1336571218953200
Dwcomic1336570905049413
Dwcomic1336565317723611
Dwcomic1336545355579616
Dwcomic1336570566594813
Dwcomic1336568080342547
Dwcomic1336568840255583
Dwcomic1336571143583565
Dwcomic1336570879436624
Dwcomic1336569847428824
Deromog21336574354209470
Dwcomic1336568918373552
Dwcomic1336562575232086
Dwcomic1336562648464042
Dwcomic1336569173101214
Dwcomic1336562801119521
Dwcomic1336569762192873
Dwcomic1336562531601959
Dwcomic1336565522615102
Dwcomic1336571052376562
Dwcomic1336565728899939
Dwcomic1336570668588027
Dwcomic1336567493436980
Dtubo1336564215306833
Dwcomic1336565946360247
Dwcomic1336570788070629
Dwcomic1336569603096877
Dwcomic1336560356900941
Dwcomic1336545264946014
Dwcomic1336560263148751
Dwcomic1336565859903320
Dwcomic1336570927204361
Dwcomic1336545739758610
Dwcomic1336567984153610
Dwcomic1336569101832116
Dwcomic1336570424651914
Dwcomic1336571170121828
Dwcomic1336569824446262
Dwcomic1336571302818294
Dwcomic1336571243729597
Dwcomic1336561773343529
Dwcomic1336568990134268
Dwcomic1336570495301865
Dwcomic1336561855646691
Dwcomic1336571117466116
Dwcomic1336571279417212
Dwcomic1336562350558355
Dwcomic1336562718628461
Dwcomic1336569946937721
Dwcomic1336570835485255
Dwcomic1336570641684859
Dwcomic1336569875817096
Dwcomic1336570692861888
Dwcomic1336567885470245
Dwcomic1336565089850776
Dwcomic1336570952683483
Dwcomic1336560453891142
Dwcomic1336570454211271
Dwcomic1336569413938613
Dwcomic1336570359345006
Dwcomic1336569991731854
Dwcomic1336565236040310
2012-05-09 23:53:27
150 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage ] 2012/05/07(月) 12:57:37.94 ID:v6b/2YbT0
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」
3695byte 60lines26回 埋立 コピペ

◆U8UCu1eOPu4V-はるさめ♪
sato/1336269886/318
Dwcomic1336363059392970(Lv1)
を破門した。
さらに●の書込機能を一時停止させた。
2012-05-07 20:00:54
160 名無しかわいいよ名無し [sage] 2012/05/05(土) 21:26:52.31 ID:4vOZqW5V0
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」
3695byte 60lines26回 埋立

◆/Wi/dV46sezK-豪山♪
sato/1336026853/648
Dcchara1336220814510602(Lv1)
を破門した。
さらに●の書込機能を一時停止させた。
推定●90FtqvTx7KijAf6O →焼 2012-05-11 18:00:00
弟子と推定される忍者ID
Dcchara1336216566801333
Dcchara1336216782596455
Dcchara1336217622836124
Dcchara1336216621705160
Dcchara1336216762982253
Dcchara1336216892496195
Dcchara1336217058834680
Dcchara1336220444783499
Dcchara1336216281375661
Dcchara1336218144962276
Dcchara1336218596869853
Dcchara1336217159244601
Dcchara1336216595051146
Dcchara1336218622873810
Dcchara1336217084770503
Dcchara1336217376077527
Dcchara1336220521970224
Dcchara1336217603856866
Dcchara1336218469994309
Dcchara1336216938635823
Dcchara1336217010156987
Dcchara1336217701922586
Dcchara1336220495280847
Dcchara1336218197790383
Dcchara1336216388261955
Dcchara1336217673441375
Dcchara1336220760290600
Dcchara1336218370803347
Dcchara1336218049153389
Dcchara1336220788427392
Dcchara1336220472469895
Dcchara1336219219882148
Dcchara1336218448092776
Dcchara1336218494259257
Dcchara1336217182641242
Dcchara1336220697428938
Dcchara1336217999776406
Dcchara1336216809192020
Dcchara1336218073503431
Dcchara1336218518280920
Dcchara1336217036016053
Dcchara1336217318656313
Dcchara1336216984855017
Dcchara1336217260087766
Dcchara1336218294593436
Dcchara1336217239557473
Dcchara1336218172157279
Dcchara1336217133252497
Dcchara1336218569767668
Dcchara1336216664717606
Dcchara1336217579897343
Dcchara1336217352096305
Dcchara1336216833475043
Dcchara1336218125198644
Dcchara1336218025989804
Dcchara1336218344131311
Dcchara1336220547466319
Dcchara1336219258913124
Dcchara1336216737771402
Dcchara1336216411458597
Dcchara1336218646057710
Dcchara1336218275721329
Dcchara1336216863681146
Dcchara1336216961536756
Dcchara1336217430563282
Dcchara1336217212037003
Dcchara1336217531911519
Dcchara1336218320621710
Dcchara1336216336961347
Dcchara1336217286957441
Dcchara1336217450943918
Dcchara1336217648064185
Dcchara1336218396854773
Dcchara1336220580403955
Dcchara1336216915922261
Dcchara1336220728917937
Dcchara1336216362476597
Dcchara1336218098039194
Dcchara1336216687946295
Dcchara1336218422938841
Dcchara1336216308685959
Dcchara1336220423847979
Dcchara1336216713485265
Dcchara1336218250662364
Dcchara1336217106699692
Dcchara1336216641037188
Dcchara1336218545711751
Dcchara1336217556024030
Dcchara1336218226185678
2012-05-06 00:19:10
143 名無しかわいいよ名無し [sage] 2012/05/05(土) 16:01:00.01 ID:xuLG/8EG0
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」
3695byte 60lines26回 埋立 コピペ

◆xCxx.xXTKLxw-ホヤMK-II♪
sato/1336026853/601
Dcchara1336201261454578(Lv1)
を破門した。
さらに●の書込機能を一時停止させた。
推定●hzfcB8a.7KijAf6O →焼 2012-05-11 18:00:00
2012-05-05 19:38:30
161 名無しかわいいよ名無し [sage] 2012/05/05(土) 16:09:03.77 ID:QaVb6bql0
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」
3695byte 60lines26回 埋立 コピペ

◆CCkkkkfpdQXQ-しし丸♪
sato/1336026853/565
Dcchara1336201745920045(Lv1)
を破門した。
さらに●の書込機能を一時停止させた。
推定●hzfcB8a.7KijAf6O →焼 2012-05-11 18:00:00
弟子と推定される忍者ID
Dwcomic1336202341703697
Dwcomic1336201852454536
Dcchara1336200590298650
Dcchara1336200512783567
Dwcomic1336202635487953
Dwcomic1336202171309339
Dwcomic1336202587352241
Dwcomic1336202754872451
Dwcomic1336202518410596
Dwcomic1336202287232523
Dwcomic1336202086826494
Dwcomic1336202609845845
Dwcomic1336201793033394
Dwcomic1336203178678571
Dcchara1336201520214854
Dcchara1336201570698670
Dwcomic1336202710518308
Dwcomic1336202142280872
Dwcomic1336202001872869
Dcchara1336199577851707
Dcchara1336201143056136
Dwcomic1336202840981004
Dcchara1336200487428294
Dcchara1336200620028557
Dcchara1336201624089788
Dwcomic1336202785563941
Dwcomic1336202683495066
Dcchara1336200762064865
Dcchara1336201183585334
Dcchara1336201453428986
Dwcomic1336202426213209
Dwcomic1336202117882862
Dwcomic1336202196567645
Dcchara1336201544575411
Dcchara1336200942051977
Dcchara1336200381638405
Dwcomic1336202660963029
Dcchara1336201165647876
Dcchara1336200991370130
Dcchara1336201016524989
Dcchara1336201041756154
Dcchara1336200865087518
Dcchara1336201070816940
Dwcomic1336203422118263
Dwcomic1336202990216492
Dcchara1336200720268129
Dwcomic1336202731366936
Dwcomic1336202563262469
Dcchara1336199555212168
Dcchara1336201363457311
Dwcomic1336203041050201
Dcchara1336201672939535
Dwcomic1336202215801960
Dcchara1336201648353821
Dcchara1336201425680727
Dcchara1336200967682578
Dcchara1336200461922938
Dcchara1336199528033863
Dcchara1336201695489312
Dwcomic1336201824507801
Dcchara1336200405684871
Dcchara1336201208750159
Dwcomic1336202935867538
Dwcomic1336204217075579
Dwcomic1336202264802036
Dcchara1336200917720949
Dwcomic1336202312376035
Dcchara1336201495458915
Dwcomic1336201963099507
Dcchara1336201396953784
Dwcomic1336202376047170
Dwcomic1336202544054169
Dcchara1336200566206295
Dcchara1336200786367626
Dcchara1336200659686641
Dwcomic1336203124681358
Dwcomic1336202963070692
Dwcomic1336201884841624
Dwcomic1336202033880449
Dcchara1336200434059895
Dcchara1336201599822084
Dcchara1336201337357879
Dwcomic1336201906051103
Dcchara1336200539825217
Dwcomic1336202240908943
Dwcomic1336202813159488
Dwcomic1336202454291547
Dcchara1336201476858120
Dwcomic1336201937743811
Dwcomic1336203015873656
Dcchara1336200811409250
Dwcomic1336202062786922
Dcchara1336200889925188
Dcchara1336200840863588
Dwcomic1336202484163089
Dcchara1336201719430810
Dwcomic1336203212539320
Dwcomic1336202869800237
Dwcomic1336202398903968
Dcchara1336200692391831
2012-05-05 18:42:00
151 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage ] 2012/05/05(土) 03:05:36.42 ID:f2ekkyMa0
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」
3695byte 60lines26回 埋立 コピペ

◆CCkkkkfpdQXQ-しし丸♪
sato/1336026853/413
Dwcomic1336154737806275(Lv1)
を破門した。
さらに●の書込機能を一時停止させた。
推定●IpsoE6.y7KijAf6O →焼 2012-05-11 18:00:00
弟子と推定される忍者ID
Dcchara1336179887883614
Dcchara1336158070231603
Dcchara1336158414708166
Dwcomic1336153973613709
Dcchara1336177257490867
Dcchara1336158152564784
Dcchara1336156592952727
Dcchara1336155528423161
Dwcomic1336151382698510
Dcchara1336155661823814
Dcchara1336177206864678
Dcchara1336157980465334
Dwcomic1336154523162590
Dcchara1336178559407746
Dcchara1336158308761358
Dwcomic1336151033686373
Dwcomic1336154398841447
Dcchara1336179934155324
Dwcomic1336152142641693
Dwcomic1336150980111764
Dcchara1336156563396098
Dcchara1336158121320010
Dcchara1336157172124762
Dwcomic1336152082157363
Dwcomic1336152373652403
Dcchara1336158442566599
Dcchara1336177179874760
Dcchara1336178330695400
Dcchara1336158262858294
Dcchara1336158037967187
Dcchara1336158097296185
Dwcomic1336150610312068
Dcchara1336156755467199
Dwcomic1336154421875392
Dwcomic1336150941120691
Dcchara1336158202474458
Dcchara1336156732500282
Dwcomic1336154374932752
Dwcomic1336151005874468
Dcchara1336176656757103
Dwcomic1336153925784616
Dcchara1336178242971807
Dwcomic1336151991492535
Dcchara1336158177242522
Dcchara1336156356863586
Dcchara1336176166290561
Dcchara1336155716991561
Dcchara1336178511855739
Dcchara1336158230020762
Dwcomic1336151972078282
Dwcomic1336154091514009
Dcchara1336158389105964
Dwcomic1336153253457054
Dwcomic1336154020163077
Dcchara1336177232499251
Dcchara1336157199794344
Dcchara1336176634099807
Dwcomic1336154498460227
Dcchara1336155691680077
Dcchara1336178535957902
Dwcomic1336154284174809
Dcchara1336178581066434
Dwcomic1336153950694717
Dcchara1336158338940550
Dcchara1336158361932600
Dwcomic1336154258672806
Dwcomic1336152344895397
Dwcomic1336151457919449
Dwcomic1336151484993831
Dwcomic1336151705108329
Dwcomic1336152047877074
Dcchara1336156380467246
Dwcomic1336150287557333
Dcchara1336156708570844
Dwcomic1336154336980002
Dwcomic1336154445779391
Dwcomic1336152209670306
Dcchara1336177030583034
Dwcomic1336154471057231
Dcchara1336179912255947
Dwcomic1336151414241580
Dwcomic1336153994696481
Dcchara1336176292913608
Dwcomic1336154117736102
Dwcomic1336153771237599
Dwcomic1336152022781582
Dwcomic1336152167078951
Dcchara1336155341169261
Dwcomic1336150333394628
Dcchara1336178489340917
Dcchara1336158011493730
Dwcomic1336151676585210
Dcchara1336157229865214
Dwcomic1336152242074893
Dwcomic1336150776368600
Dcchara1336178603551297
Dwcomic1336152265498627
Dcchara1336155498190445
Dcchara1336178625959888
2012-05-05 11:38:28
154 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage ] 2012/05/04(金) 01:11:59.19 ID:eyoO4ES50
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」
3695byte 60lines26回 埋立 コピペ

◆xCxx.xXTKLxw-ホヤMK-II♪
sato/1336026853/154
Dwcomic1336061520629860(Lv1)
を破門した。
さらに●の書込機能を一時停止させた。
推定●uhanYx0Q7KijAf6O →焼 2012-05-11 18:00:00
2012-05-04 09:05:43
155 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage ] 2012/05/03(木) 09:22:19.54 ID:ldxYRfMR0
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」
3695byte 60lines26回 埋立 コピペ

◆xCxx.xXTKLxw-ホヤMK-II♪
sato/1334658935/743
Dwcomic1336004540991848(Lv1)
を破門した。
さらに●の書込機能を一時停止させた。
推定●90FtqvTx7KijAf6O →焼 2012-05-11 18:00:00
2012-05-03 10:43:24
155 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage ] 2012/05/03(木) 09:45:09.59 ID:it8LeoJB0
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」
3695byte 60lines26回 埋立 コピペ

◆xCxx.xXTKLxw-ホヤMK-II♪
sato/1334658935/741
Dwcomic1336005910160591(Lv1)
を破門した。
さらに●の書込機能を一時停止させた。
弟子と推定される忍者ID
Dwcomic1336005838672474
Dwcomic1336005313009857
Dwcomic1336003280038591
Dwcomic1336003399623161
Dwcomic1336005239925415
Dwcomic1336004936430823
Dwcomic1336003606348109
Dwcomic1336003180585363
Dwcomic1336005112719057
Dwcomic1336002561837261
Dwcomic1336004389768115
Dwcomic1336003251896721
Dwcomic1336004660528341
Dwcomic1336004147945317
Dwcomic1336004608266600
Dwcomic1336003872263685
Dwcomic1336005163539311
Dwcomic1336004202425968
Dwcomic1336005432474970
Dwcomic1336004121155537
Dwcomic1336004540991848
Dwcomic1336003508584301
Dwcomic1336003312434200
Dwcomic1336005483119255
Dwcomic1336005082834082
Dwcomic1336003026499142
Dwcomic1336002971632760
Dwcomic1336002823336047
Dwcomic1336004722164051
Dwcomic1336004753469789
Dwcomic1336005287455421
Dwcomic1336002912180815
Dwcomic1336005581034131
Dwcomic1336002879700868
Dwcomic1336004442018161
Dwcomic1336005554401292
Dwcomic1336005815164491
Dwcomic1336005216998304
Dwcomic1336005361706797
Dwcomic1336003731849310
Dwcomic1336005507748916
Dwcomic1336004412818148
Dwcomic1336002648347255
Dwcomic1336004230206802
Dwcomic1336003668293895
Dwcomic1336004308124890
Dwcomic1336005458754019
Dwcomic1336003791763228
Dwcomic1336003146550649
Dwcomic1336002703352634
Dwcomic1336002785659165
Dwcomic1336004516159703
Dwcomic1336004090242047
Dwcomic1336005754651751
Dwcomic1336004816408318
Dwcomic1336002528368261
Dwcomic1336004058900205
Dwcomic1336003053150494
Dwcomic1336003338003128
Dwcomic1336004786619799
Dwcomic1336003817393342
Dwcomic1336005263499113
Dwcomic1336004176456644
Dwcomic1336005407431524
Dwcomic1336004687388752
Dwcomic1336003845549680
Dwcomic1336004633316477
Dwcomic1336003637539974
Dwcomic1336005792246582
Dwcomic1336003580193513
Dwcomic1336004845951673
Dwcomic1336005648101636
Dwcomic1336003698086680
Dwcomic1336005338039438
Dwcomic1336003486994742
Dwcomic1336005189196500
Dwcomic1336005385020193
Dwcomic1336005137665718
Dwcomic1336005861494560
Dwcomic1336004589029172
Dwcomic1336005884927843
Dwcomic1336004875919578
Dwcomic1336002604888215
Dwcomic1336004252171766
Dwcomic1336002494488046
Dwcomic1336005535551818
Dwcomic1336004342295665
Dwcomic1336004471893254
Dwcomic1336004907566255
Dwcomic1336003364519906
Dwcomic1336002734903235
Dwcomic1336003457859602
Dwcomic1336003758810769
Dwcomic1336004365371103
Dwcomic1336003222073214
Dwcomic1336004562786797
Dwcomic1336004281320147
Dwcomic1336003429508574
2012-05-03 10:31:39
111 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage ] 2012/05/03(木) 03:40:31.96 ID:Nf51EE5a0
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」
3695byte 60lines26回 埋立 コピペ

◆xCxx.xXTKLxw-ホヤMK-II♪
sato/1334658935/729
Dwcomic1335984033350891(Lv1)
を破門した。
さらに●の書込機能を一時停止させた。
2012-05-03 04:14:37
91 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage ] 2012/05/03(木) 03:27:46.82 ID:tG/xWxyF0
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」
3695byte 60lines26回 コピペ

◆xCxx.xXTKLxw-ホヤMK-II♪
sato/1335713516/593
Dwcomic1335983267884798(Lv1)
を破門した。
さらに●の書込機能を一時停止させた。
推定●hzfcB8a.7KijAf6O →焼 2012-05-11 18:00:00
弟子と推定される忍者ID
Dwcomic1335984033350891
Dwcomic1335983796634742
Dwcomic1335982464509449
Dwcomic1335982374213369
Dwcomic1335983180564007
Dwcomic1335982657982476
Dwcomic1335982811187199
Dwcomic1335984079860896
Dtubo1335980511788645
Dwcomic1335983442372660
Dwcomic1335982484515584
Dwcomic1335982873331764
Dwcomic1335982227463689
Dwcomic1335983236221678
Dwcomic1335982525309776
Dwcomic1335983552363201
Dwcomic1335983870999116
Dwcomic1335982067769349
Dwcomic1335982904015139
Dwcomic1335983501833793
Dwcomic1335983983251956
Dwcomic1335983723371651
Dwcomic1335983899101576
Dwcomic1335983026204609
Dwcomic1335982140886053
Dwcomic1335982714581868
Dwcomic1335982740391753
Dwcomic1335983587754336
Dwcomic1335982028205901
Dwcomic1335983769746599
Dwcomic1335982977195547
Dwcomic1335982776328280
Dwcomic1335983617703242
Dwcomic1335982582593764
Dwcomic1335984167569175
Dwcomic1335982183367088
Dwcomic1335982402103078
Dwcomic1335984008557312
Dwcomic1335983208956136
Dwcomic1335983472173558
Dwcomic1335983086813995
Dwcomic1335983115920152
Dwcomic1335984249817431
Dwcomic1335982841869271
Dwcomic1335983383589237
Dwcomic1335984137065680
Dwcomic1335983154739013
Deromog21335977746244977
Dwcomic1335984109073126
Dwcomic1335983830377064
Dwcomic1335983957891304
Dwcomic1335982333735174
Dwcomic1335982627422089
Dwcomic1335982247379800
Dwcomic1335983681686086
Dwcomic1335983641750658
Dwcomic1335982688775529
Dwcomic1335982108490608
Dwcomic1335983310068277
Dwcomic1335983528574056
Dwcomic1335983411344229
Dwcomic1335983923218548
Dwcomic1335984197155412
Dwcomic1335983335453249
Dwcomic1335984056792903
Dwcomic1335982929869958
Dwcomic1335982284321959
Dwcomic1335982435117772
Dwcomic1335983057734546
2012-05-03 03:44:24
53 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage ] 2012/05/03(木) 00:55:18.63 ID:QHsgc7qL0
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」
3695byte 60lines26回 埋立 コピペ

◆xCxx.xXTKLxw-ホヤMK-II♪
sato/1334658935/716
Dwcomic1335974120076114(Lv1)
を破門した。
さらに●の書込機能を一時停止させた。
推定●Nihr/d0u7KijAf6O →焼 2012-05-11 18:00:00
2012-05-03 02:04:03
161 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage ] 2012/05/02(水) 21:17:42.72 ID:Bw2LsFst0
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」
3695byte 60lines26回 埋立 コピペ

◆CCkkkkfpdQXQ-しし丸♪
sato/1335713516/534
Dwcomic1335961064144931(Lv1)
を破門した。
さらに●の書込機能を一時停止させた。
弟子と推定される忍者ID
Dwcomic1335965219085035
Dwcomic1335958541279799
Dwcomic1335965849570403
Dwcomic1335958464927485
Dwcomic1335966074854499
Dwcomic1335958367853083
Dwcomic1335955691426918
Dwcomic1335955821890634
Dwcomic1335965129300237
Dwcomic1335959791037429
Dwcomic1335958814504962
Dwcomic1335965999499321
Dwcomic1335966227717475
Dwcomic1335958712852142
Dwcomic1335955730002176
Dwcomic1335964512566467
Dwcomic1335955923924498
Dwcomic1335958490739692
Dwcomic1335964281140711
Dwcomic1335963658656298
Dwcomic1335963700848856
Dwcomic1335958882473275
Dwcomic1335958779768127
Dwcomic1335965975944878
Dwcomic1335959838085110
Dwcomic1335958413596329
Dwcomic1335964566277584
Dwcomic1335966179801837
Dwcomic1335958647716479
Dwcomic1335965911281502
Dwcomic1335965619269820
Dwcomic1335965696971723
Dwcomic1335958345860608
Dwcomic1335958572366314
Dwcomic1335956455940585
Dwcomic1335965353659689
Dwcomic1335965244229082
Dwcomic1335958513234553
Dwcomic1335956424542373
Dwcomic1335965585052526
Dwcomic1335965164866380
Dwcomic1335964484898896
Dwcomic1335966147389490
Dwcomic1335965331055369
Dwcomic1335964360116883
Dwcomic1335966030385095
Dwcomic1335959075182297
Dwcomic1335963731920924
Dwcomic1335964335697872
Dwcomic1335958440844656
Dwcomic1335965756903202
Dwcomic1335958928623809
Dwcomic1335960006829926
Dwcomic1335965375902448
Dwcomic1335964312045912
Dnanmin1335792174823018
Dwcomic1335958390975376
Dwcomic1335958618012997
Dwcomic1335965885411046
Dwcomic1335959050256435
Dwcomic1335958973760786
Dwcomic1335958743009421
Dwcomic1335965949296252
Dwcomic1335965677735059
Dwcomic1335964537963002
Dwcomic1335964414232092
Dwcomic1335965545685365
Dwcomic1335958952434296
Dwcomic1335965283898838
Dnanmin1335632225107099
Dwcomic1335965724460041
Dwcomic1335966108235995
Dwcomic1335964217183336
Dwcomic1335958837324140
Dwcomic1335920153855328
Dwcomic1335958682120768
Dwcomic1335963620442965
Dwcomic1335965306838678
Dwcomic1335958904599699
Dwcomic1335959809445832
Dwcomic1335964441619641
Dwcomic1335963760459707
Dwcomic1335965786438335
Derochara1335932229872037
Dwcomic1335965822278424
Dwcomic1335965186751833
Dwcomic1335964251488424
Dwcomic1335959025041033
Dwcomic1335955759128636
Deromog21335632351354754
Dwcomic1335964386132962
Dwcomic1335959001439000
2012-05-02 22:47:40
DB更新日時:2017-10-29 00:59:26 26件中 1 - 26件表示