からを検索。
からを検索。
条件クリア リセット
現在の検索条件 :

一時的に止められた●ID = 6dD2zSEt7KijAf6O

DB更新日時:2017-10-29 00:59:26 2件中 1 - 2件表示
水遁を受けたレス内容コマンド実行者コマンド実行時間
163 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage ] 2012/07/09(月) 17:00:57.83 ID:MMdIogis0
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」
3695byte 60lines26回 埋立 コピペ

◆/SAKUJO/575/-めだま焼き ★
sato/1334592057/956
Dwcomic1341820859261145(Lv1)
を破門した。
さらに●の書込機能を一時停止させた。
推定●6dD2zSEt7KijAf6O →焼 2012-07-09 23:00:00
弟子と推定される忍者ID
Dwcomic1341818528188025
Dwcomic1341818492220698
Dwcomic1341818382981481
Dwcomic1341819294144138
Dwcomic1341818510948982
Dwcomic1341818848540290
Dwcomic1341820158724659
Dwcomic1341820112609083
Dwcomic1341820825458505
Dwcomic1341820043967722
Dwcomic1341820096651949
Dwcomic1341817756009972
Dwcomic1341820485806862
Dwcomic1341820232531963
Dwcomic1341819430135010
Dwcomic1341820129203934
Dwcomic1341818916243696
Dwcomic1341818559630323
Dwcomic1341820840502975
Dwcomic1341819223298247
Dwcomic1341820788243733
Dwcomic1341820196148736
Dwcomic1341820272939665
Dwcomic1341819954963565
Dwcomic1341818875231790
Dwcomic1341818703339736
Dwcomic1341817895501189
Dwcomic1341818575313434
Dwcomic1341820252569675
Dwcomic1341818795886512
Dwcomic1341818742622516
Dwcomic1341819275493061
Dwcomic1341819156456711
Dwcomic1341818629508590
Dwcomic1341818829586344
Dwcomic1341820664698026
Dwcomic1341818544963106
Dwcomic1341818979847207
Dwcomic1341819205292617
Dwcomic1341818939852195
Dwcomic1341819121245870
Dwcomic1341818957907710
Dwcomic1341819060358310
Dwcomic1341819387172734
Dwcomic1341818362695202
Dwcomic1341818592459639
Dwcomic1341820630167247
Dwcomic1341818722370118
Dwcomic1341820467923421
Dwcomic1341819173191819
Dwcomic1341818686513780
Dwcomic1341819466023587
Dwcomic1341819370492963
Dwcomic1341818812418277
Dwcomic1341817776549116
Dwcomic1341820330447066
Dwcomic1341819308613076
Dwcomic1341819506149728
Dwcomic1341819489606756
Dwcomic1341820562390938
Dwcomic1341820684477238
Dwcomic1341820143710240
Dwcomic1341820367577622
Dwcomic1341819257698604
Dwcomic1341818647201525
Dwcomic1341819242664080
Dwcomic1341820180884362
Dwcomic1341819406875004
Dwcomic1341819021238906
Dwcomic1341819327732608
Dwcomic1341817874438309
Dwcomic1341820290963355
Dwcomic1341818763343047
Dwcomic1341820406917888
Dwcomic1341820345655547
Dwcomic1341819189981496
Dwcomic1341819042323921
Dwcomic1341820064573313
Dwcomic1341819097072468
Dwcomic1341820426447362
Dwcomic1341817546101508
Dwcomic1341818778606534
Dwcomic1341820448623455
Dwcomic1341818612960191
Dwcomic1341818669853411
Dwcomic1341820524602068
Dwcomic1341820079277963
Dwcomic1341820803307684
Dwcomic1341818896689747
Dwcomic1341819350293035
Dwcomic1341820217091005
Dwcomic1341819137591081
Dwcomic1341820309698684
Dwcomic1341819939274243
Dwcomic1341818999907129
Dwcomic1341820386533457
2012-07-09 18:48:00
12 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage ] 2012/07/07(土) 08:46:15.69 ID:3Hg3nnTU0
「ひああああっ」
 銀時の腰に跨らされた状態で、乱暴に竿の半ばまでを挿入され、桂は髪を振り乱して悲鳴を上げた。痛みに震える体を抱きしめ、銀時は桂の尻を鷲?んで広げさせ、更に奥まで挿入した。そのまま、桂ごと揺さぶる。
「あっ、痛ッ・・・うぐっ」
 ズンズンと衝撃が腰から背骨を通って脳にまで響いているようで、深く貫かれるごとに桂は声をあげた。
 好き勝手に揺さぶられながら、狭い内部を銀時が遡ってくるのを感じ、何とも云い難い震えに襲われる。
「あ、だいぶよくなってきた。お前の中、きゅうきゅう搾ってきてきもちいい・・」
 銀時は桂を突き上げながら、揺れる髪を掻き分け肩口に顔を埋めた。
 汗とほのかな香のような香りがする。
桂に香を焚き染めるような趣味はなかったから、これは桂の匂いなんだろうか。
「いい匂い・・・」
 肩口から項まで舐め上げると、桂の肩がびくっと震えた。
「そろそろ本格的に動くぞ」
「ちょ、待て貴様ッ!・・・アアッ」
 桂の返答はもとより聞く気などない銀時は、桂の尻を掴んだまま桂の内部を性器で探り始めた。
向かい合って密着した状態で揺さぶられているせいで、桂の性器も銀時の腹に擦られて
またゆるく立ち上がり始めている。
痛みに慣れてきた体は、内臓を擦られる刺激を次第に快楽と捕らえてきていた。
入り口に近い腹側の粘膜を擦られると、銀時の腰をまたいで伸ばされた白い脚ががくがくと暴れる。
銀時の下生えが穴の淵にふれるほど根元まで押し込められて、桂は途切れ途切れに喘ぎを漏らす。
「あっ・・・・だめだ、こんなッ」
 銀時と、とても人に言えないような場所で交わっているという事実。
それは不思議なことに不快ではなかった。
そのことがより桂に羞恥を覚えさせる。
 体の力が抜け、この行為に次第に快感を感じだした桂を、銀時は更に結合部からいやらしい液が
飛び散るほど乱暴に貫き始めた。
「はあうっ、んうっ、アッ・・・はっ」
「ヅラ、中で出すから」
「はッ、ば、馬鹿やめろ!」
 縛られた腕で銀時の首を輪で通すようにしてしがみついていた桂が、不穏な言葉に目を向く。
銀時は白い首筋に噛み付くように口付けると、腰を限界まで突き上げた。
銀時よりはるかに軽い体は、おもちゃのように揺さぶられて銀時を最奥まで受け入れた。
「あひっ・・・・くッ、あああああっ!」
 瀕死の鳥のようにびくびくとのけぞりながら、桂が達する。
銀時を根元までくわえ込んだ秘所が痙攣し、絞り上げるように締め付けた。
「ヅラ、お前、すげ・・・ッ」
 銀時も胴振るいし、言葉どおり桂の中に放つ。
体の中いっぱいに熱いものを注がれる感触に桂は息を詰めて耐えた。
いつも体温も低く殆ど汗をかかない桂の体は、情交のせいでしっとりと汗ばみ、青白い肌は薄く色づいている。
荒い息を吐きながら、銀時は汗を舐めとるように桂の首を舐め上げた。
絶頂の間際に噛んだ首筋は歯型がついて薄く血が滲んでいる。肉食獣の捕食を思い出し、銀時は薄く笑った。
(ま、食っちゃったし)
 その血も舐め、銀時は呼吸の収まらない桂に深く口付けた。
苦しいのだろう、首をねじって逃げようとするのを押さえつけ、舌を吸い上げる。
桂の唾液はなぜか甘い気がした。
「・・・はっ、ぎんとき、もうはなれろっ」
 抗議の声で見下ろせば、まだ二人は交わったままだった。
絶頂を迎えたあとの秘部に、未だ固いままの銀時が嵌っているのが苦しいのだろう。
「へーへー」
「・・・アッ」
素直に聞いたふりをして、桂の中から一気に引き抜く。
排泄感に桂はまた小さく喘ぎを漏らした。
その力が抜けて閉じられない足の狭間から、銀時が吐き出したものがとろりと腿を伝う。
広げられていたせいで、急には閉じられない穴が、桂が息をつくたびに銀時の残滓をこぼした。
あまりに卑猥な光景を見やり、銀時はたちの悪い笑みを浮かべる。
「でも銀さんまだまだ元気だし、せっかくだから最後まで面倒みてくんない?」
3513byte 56lines6回

sato/1340841507/498
Dwcomic1341618377091615(Lv1)
を破門した。
さらに●の書込機能を一時停止させた。
推定●6dD2zSEt7KijAf6O →焼 2012-07-09 23:00:00
弟子と推定される忍者ID
Dwcomic1341618492396200
Dwcomic1341618323651526
Dwcomic1341618294023749
Dwcomic1341618511821338
Dwcomic1341618579287625
Dwcomic1341618354209440
Dwcomic1341618531561174
Dwcomic1341618438243253
Dwcomic1341618268305005
Dwcomic1341618398237388
Dwcomic1341618596788822
Dwcomic1341618420166037
Dwcomic1341618473281772
Dwcomic1341618456664209
Dwcomic1341618555636217
Dwcomic1341618613664745
2012-07-07 08:50:28
DB更新日時:2017-10-29 00:59:26 2件中 1 - 2件表示